ハクビシン駆除でサヨナラしよう|迅速にハチの巣駆除をする技術力

女性作業員

寄せ付けなくするために

追い出す作業

ハクビシン駆除は、単に住宅内からハクビシンを追い出すだけなら、個人でも行なうことができます。ハクビシンが入り込んでいる場所で燻煙剤を使用すれば、それだけでハクビシンは逃げ出していくのです。しかしこれだけでは、十分なハクビシン駆除とならないことが多いです。燻煙剤の煙がなくなれば、ハクビシンが戻ってくる可能性があるからです。また、屋内にハクビシンの糞が残っている場合には、その匂いにつられて新しいハクビシンがやってくることもあるのです。したがってハクビシン駆除においては、追い出す作業に加え、寄せ付けなくする作業も行なうことが肝心とされています。もちろん糞が残っている場合には、その除去作業も必要となります。

質の高い作業

ハクビシンは、忌避剤の散布や電気柵の設置により、近寄ってこなくなります。これらは個人でも使用可能ですが、業者に依頼した方が、より高い効果が期待できます。なぜなら業者は、ハクビシンが近寄りやすい場所を確認した上で、忌避剤を散布したり電気柵を設置したりするからです。具体的には、屋根と壁との境目や通風孔、塀の上や庭木の枝などです。また糞も、業者に任せれば、より丁寧に除去してもらえます。単に除去するだけでなく、除去後には、塩化ベンザルコニウムなどの消毒薬を使った殺菌もおこなわれます。これにより、糞にハエやゴキブリがたかるといった二次被害も食い止められるようになるのです。このように質の高い作業をしてもらえるため、業者によるハクビシン駆除には高い人気があります。

都会でもたびたび被害が現れるハチの巣ですが、個人で駆除を行なおうとはせず、専門の業者に駆除依頼をしましょう。しっかりと安全に配慮をした上で、迅速にハチの巣を取り除いてくれます。

ハクビシン被害に困ったら

ハクビシン駆除は行政への申請など手間がかかる上技術や資格も必要なため、業者に依頼するのが人気である。依頼するときには、悪質な業者の見分け方を知っておくとよい。見積もりが安すぎたり、駆除方法が不明瞭だったり、契約を迫ってきたりするところは要注意である。

Read More

正攻法で対処する

最近ハクビシンが住宅地でも見られるようになり、問題が発生しております。ハクビシンは攻撃性があるので、素手で捕まえないように注意が必要です。ハクビシン駆除には、煙剤や忌避剤を使って追い払う事が有効です。追い払った後は、侵入口を遮断しましょう。

Read More

増え続ける害獣被害

ハクビシン駆除は個人でも可能ですが、鳥獣保護法に守られているので、一部の作業に限られる点が特徴です。害獣は感染症を持っている場合があるので、噛まれたり作業中に切り傷などのケガをしないように注意すると良いでしょう。建材が傷んでいる場合には転落の危険性もあります。

Read More