ハクビシン駆除でサヨナラしよう|迅速にハチの巣駆除をする技術力

男性女性

増え続ける害獣被害

継続する効果

土地開発や気候の変化を理由に、害獣被害が全国的に広まっています。もっとも広く知られるのはネズミですが、ハクビシンの害獣被害が目立つようになり、ハクビシン駆除の依頼件数が増えてきているのです。この動物はネズミと比較して体が大きく雑食性であり、屋根裏や床下だけではなく部屋の中に浸入してきます。忌避剤などの道具を用意すれば、ハクビシン駆除は個人でも可能です。しかし、許可なしに捕まえて処分することを禁止する、鳥獣保護法に該当する点が大きな特徴で、そういった知識も必要といえます。そのため、個人でハクビシン駆除に取り組む場合、追い出すことは可能でも、戻ってくる可能性があることを理解しておくと良いでしょう。業者へ依頼すると状況によって追加のコストはかかりますが、継続的な効果が得られるのも特徴です。

害獣と病気の関係

害獣駆除に共通する注意点ですが、人にも影響のある感染症を持っている場合があり、むやみに掴んで噛まれたり、作業中にケガをして傷を作らない工夫が大切です。また、屋根裏のようにホコリの立つ場所に潜んでいるので、マスクも忘れずに装着しておくと良いでしょう。暗所の作業になることも多いので、ヘルメットとヘッドライトを装着して両手をあける工夫など、身の危険には十分に注意するべきです。ハクビシン駆除の場所が天井裏だった場合、床が抜けて転落する危険性にも注意する必要があります。これは、糞尿などで建材が傷んでいる場合に多く、思わぬケガだけではなく、その時の傷が感染症にも影響してくるのです。もし、ハクビシン駆除の難度が高いと感じたのであれば、役所の申請まで一貫して任せられる、専門の業者に依頼するのが無難といえるでしょう。