ハクビシン駆除でサヨナラしよう|迅速にハチの巣駆除をする技術力

男性女性

正攻法で対処する

これだけは知っておきたい

ハクビシンは、日本全国に生息する野生動物です。体長は50〜80cm程度です。雑草や果物の他にもカエルやネズミなども捕まえて食べます。最近は住宅地でも見かけるようになり、いろいろ問題が発生しております。一軒家の場合、屋根裏に潜んでいる事もあります。ハクビシンは夜行性なので、昼間は潜んでいて夜になると活動します。また木登りが得意でして、電柱も苦も無く登ります。ハクビシンを自宅や自宅付近で見かけたら、駆除対策を行いましょう。ただし、ハクビシン駆除に当たって注意しておきたい点があります。それは、ハクビシンを素手で捕まえようとしない事です。ハクビシンは攻撃性があります。素手で捕まえようとすると、噛まれる可能性がありますので気をつけましょう。

特別な事は必要ない

ハクビシン駆除において、対策だけなら特別な対応は不要です。一般的な対策方法としては、ハクビシンが侵入してくる穴があった場合は、害虫駆除用の煙剤や忌避剤を使うと良いです。そして、板などを使って侵入口を完全に遮断してしまいます。家の外から侵入しそうなすき間を遮断したい場合は、ネットを使うと簡単です。外壁を傷つけることなく設置出来ます。煙剤や忌避剤を使っても、ハクビシンが逃げない事が時々あります。これは、ハクビシンに子供がいて巣を守っている可能性が考えられます。この場合のハクビシン対策は、爆竹や拡声器を使ったりラジオの音量を上げる事で、ハクビシンを驚かせる事です。近所でハクビシンがうろついている場合には、こういった対策を試してみるとよいでしょう。ただこれらの方法はあくまで対策であり、ハクビシン駆除の方法ではありません。自力での対策が難しいと感じた場合には、害獣対策専門のサービスを利用するとよいでしょう。害獣駆除業者の多くがハクビシン駆除も行ってくれるので、依頼により速やかな対策が可能となります。